鶴岡八幡宮例大祭(鎌倉市)

毎年9月14日から16日の3日間執り行われる



     毎年9月14日から16日までの3日間、当宮では例大祭が
     盛大に執り行われます。
     『吾妻鏡』によれば、文治3年(1187)8月15日に放生会(ほうじょうえ)
     と流鏑馬が始行されたとあり、これが当宮例大祭の始まりとなります。
     以来絶えることなく800年の歴史と伝統が現在に伝えられており、
     一年を通して最も重い祭事です。

     例大祭(15日)
     神社本庁より幣帛(へいはく)を奉る献幣使(けんぺいし)を迎え、
     宮司以下神職、巫女、八乙女(やおとめ)が奉仕し、大勢の参列者を
     迎えて厳かに執り行われます。神前には鈴虫も供えられ、静粛な
     空気の内にも秋らしい虫の音が響きます。

画像



画像



画像


     神幸祭(15日)
     大神様を神輿(みこし)にお遷しして氏子区域を親しくお渡り
     いただくお祭です。氏子の若者により神輿3基を御本殿から担ぎ
     下ろし、宮司以下神職、錦旗、神馬、ちょうちん、太鼓、盾、弓矢など
     からなる数百メートルの行列が若宮大路を二の鳥居まで進みます。
     この鳥居の下には御旅所(おたびしょ)が設けられ、緑の千早、
     緋袴姿の八乙女たちによる八乙女舞が行われます。
     (説明は鶴岡八幡宮のHPより)
     流鏑馬は16日

画像



画像



画像



画像



画像


     例大祭とは関係ないけど・・
     ある日、極楽寺に寄ってみると、お寺の入り口と出口で影の
     雰囲気が違う
     入り口の影は硬い直線、出口の影は柔らかい円(出口もくぐり戸)
     何だか、入る前と、お参りして出る時の心の変化みたい(私の感想(笑))

画像



画像

     極楽寺(ごくらくじ)は、神奈川県鎌倉市極楽寺にある
     真言律宗の寺院である。山号は霊鷲山(りょうじゅさん)。
     詳名を「霊鷲山感応院極楽律寺」と称する。本尊は
     釈迦如来。開基(創立者)は北条重時、開山は忍性である。(Wikipediaより)
     極楽寺 江ノ電「極楽寺駅」から、徒歩2~3分

コメント欄はありません

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)