鶴岡八幡宮例大祭

鎌倉市の鶴岡八幡宮で、9月14日から16日までの3日間行われた。



毎年9月14日から16日までの3日間、当宮では例大祭が盛大に
執り行われます。

『吾妻鏡』によれば、文治3年(1187)8月15日に放生会(ほうじょうえ)
と流鏑馬が始行されたとあり、これが当宮例大祭の始まりとなります。

以来絶えることなく800年の歴史と伝統が現在に伝えられており、
一年を通して最も重い祭事です。  

浜降式(14日)
例大祭に先立ち、宮司以下神職が身を浄めるために、早朝、

由比ヶ浜辺において禊(みそぎ)をします。これを浜降り式と

いいます。禊の後、浄めのしるしとして藻塩草(海草)を持ち

帰り、社頭に掲げます。


狛犬のところにも海草がありました

鳥居や、施設の入口等にも置いてありました

画像



ボタン苑の隣、入口に海草が置いて

ありました(写ってませんが^_^;)

画像



例大祭(15日)

社務所前

画像



本宮へ向かう

画像



神輿祭(15日)
大神様を神輿(みこし)にお遷しして氏子区域を親しくお渡り

いただくお祭です。氏子の若者により神輿3基を御本殿から

担ぎ下ろし、宮司以下神職、錦旗、神馬、ちょうちん、太鼓、

盾、弓矢などからなる数百メートルの行列が若宮大路を二の

鳥居まで進みます。
この鳥居の下には御旅所(おたびしょ)

が設けられ、緑の千早、緋袴姿の八乙女たちによる八乙女舞が

行われます。  

画像




画像




画像



社務所前

二の鳥居まで行列が続く(見えている鳥居は

二の鳥居ではありません)

画像



画像



二箇所で生け花が展示されていた

画像


流鏑馬神事(16日)
鎌倉武士の狩装束に身を包んだ射手が、馬で駆けながら

馬場に配された3つの的を射抜く勇壮な神事で、源頼朝公

の時代より800年の伝統を受け継いでいます。弓馬術礼法

小笠原教場宗家の小笠原清忠氏ほか一門のご奉仕により、

鎌倉時代さながらに執り行われます。(春は武田流でした)


春の流鏑馬で撮れなかった儀式(舞殿で)の様子を撮りました

舞殿

画像



舞殿に向かう

画像



画像



画像




画像




画像




画像


神職より射手に弓矢が授けられ、

神酒を拝戴したのち馬場へと入場します。

画像



儀式が終わり、馬場に行くと、両側は人
でいっぱい(12時頃にはすでに人、人、人)

射手の方が騎乗されるところは近くで見る事ができました

画像




画像




画像



ここを馬が駆け抜ける(15日撮影)

画像



離れたところから撮るにはこの場所だけ、、なんとか馬が
少し入りました

見えるのは僅か1秒ぐらい^_^;

画像

祭りについての説明は、全て鶴岡八幡宮HPより


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月18日 07:38
わー!この馬に乗って矢を打つ姿はテレビでしか見たことがないです~ここでやってたんですね~あの白い馬に乗ってみたい…。
2008年09月18日 09:38
おはようございます。
巫女さんが出てこないと思ったら三枚目に出てきてホットしました。最後の方は、時代錯誤しました900年前そのものです。今回は一枚一枚が工夫されて構図もすばらしく圧倒されました。
最後の流し撮りもバッチリで練習の成果がでましたね。私も次の課題です。
2008年09月18日 10:51
厳かな祭りごとを久しぶりに拝見できました。
この秋はのんびり鎌倉散策も。。とあれやこれや思案中でした。
いや~のんのさんの鎌倉の後をキンギョの糞のごときくっついて歩きそうな気配です(笑)
悩んでいる間に終っちゃいそうなので見せていただくことに専念します!
頼朝の築き上げた鎌倉時代が蘇ってくるようです。華々しい時代は京都や奈良にも劣らない行事を作っていたのですね。。やはり訪ねたくなりましたよ~♪
2008年09月18日 19:15
>りさっちさん
こんばんは♪
テレビや新聞では、終わった後に伝える
ので、いつもは歯がゆい思いをしていた
のですが、一昨年あたりから、早めに調
べて行くようになりました。
近くで見ると、ドッドッドッと馬の足音、
命中した時の的の板が割れる音と、迫力が
ありますよ~(^^)
白馬は特にかっこいいもんね、目がクリッ
として、とっても綺麗です。
2008年09月18日 19:16
>yasuさん
こんばんは。
やはり神社には巫女さんです、しっかり
おさえないと(笑)
今回は、私も初めて見る状況ばかりで、
とても新鮮でした。
儀式が終わった後、次の場所確保であた
ふたしました^_^;
流し撮り、きついですね、馬が通り過ぎ
ているのもありました(笑)
2008年09月18日 19:21
>コケコさん
今回は、私も初めて儀式の模様を見ました。
外国のメディアの方も何組がおられたよう
です。それから、以前掲載した境内のビャ
クシン、あんなにいい香りがするとは知り
ませんでした。それとも周りの何かの香り
だったのかなぁ・・
身近にこうゆう祭りごとが見られて有り難
いです。
2008年09月19日 18:12
こんばんは
鶴岡八幡宮例大祭はよくHPで見かけますが、厳かなに行われてますね。
もっとも、のんさんの画像の素晴らしさでそう感じるのかも知れません。
構図がきまってますね。
流鏑馬は見る場所を確保するも大変ですよね。
そんな中の流し撮り、流動感が出てて素晴らしいです。
2008年09月19日 19:52
>SHIGEさん
こんばんは。
ありがとうございます。今までは流鏑馬
の方に目が向いていたのですが、今年は
その前の儀式を見たくて、舞殿の近くに
陣取りました。
シャッターを押すのも躊躇うぐらい、厳
かに行われます。でも撮りました(笑)
場所の確保には、2時間ぐらい前でない
と、いい場所は無理かも知れません^_^;
流し撮りはたまに練習するのですが、成
功率は低いです(泣)
kako狸
2008年09月20日 08:49
おはようございます。流鏑馬神事の前に色々な神事が執り行われるのですね。初めて知りました。のんさん3日間通われたのですか?流石ですね。
雅楽の音色も荘厳で良かったでしょうね。笙に篳篥、竜笛、鼓、オオカワの演奏も聴こえましたよ。勇壮な流鏑馬もTVでしか見た事がありませんが、馬上で両手を離して矢を射るなんて怖くないのかしら?馬の蹄の音まで聞こえて来ました。
2008年09月20日 19:22
>kako狸さん
こんばんは♪
流鏑馬を行っている神社によって、神事の
やり方は違うようです。
私は、15、16日に行きました。
雅楽の音色で、ピリッと雰囲気が変わり、
違う世界に踏み込んだような気分でした。
そこでパチパチ撮るのは、罰当たりのよ
うな気もしたのですが、遠慮がちに撮らせ
てもらいました^_^;
訓練しているとはいえ、やはり凄いです。
私は観光地で馬に乗ったことがありますが、
想像以上に高く感じ、バランスをとるのが
大変でした。
2008年09月20日 23:32
流石八幡宮です!
上品で、美しい色調です。
和の色は、ホッとします。
のんさんの写真が、又よい
ですね。昔、私の故郷の神
社でも流鏑馬がありました。
今はどうなったかな?
2008年09月21日 09:00
>ハッピーさん
おはようございます♪
ありがとうございます。こうゆうのを
見ると、日本はいい国だぁと思います(^^)
流鏑馬は、私が行ける範囲では、鶴岡八幡
宮、寒川神社、もう一箇所、、名前が浮か
ばないのですが、三箇所です。
名前が浮かばないところは、まだ見たこと
がありません。
2008年10月03日 19:39
伝統的な神事というものは、観ているだけでも身が引き締まりますね♪^^斜めのアングルの神官行列の写真では、PC前でも思わず身体が斜めになってしまいました。スピード感溢れる流鏑馬の写真は、お見事です☆^^
2008年10月03日 22:11
>mikomaiさん
はい! 写真を撮っていいものだろうか?
と躊躇うのですが、心で謝りながらシャ
ッターを押しています^_^;
アハハ! 引っかかりましたね、多分そう
してくださると思って、カメラを傾けて
います、、なぁ~んて(笑)
流鏑馬の写真、先月、寒川神社(神奈川県)
でもあったので、今度は前列に座り込んで
撮りました。

この記事へのトラックバック